四日市 霞一文字でフカセ釣り

フカセ釣り

年間約100回チヌ釣行に行きますが、そのうち10%はフカセをしています。

大体、11月がフカセ移行シーズンになっています。

今回は四日市の霞一文字へフカセ釣りに行ってきました。

撒き餌作り

フカセに行く時、僕は撒き餌を前日に作っておきます。

(当日はすぐに開始したいので)

霞一文字は水深6~8mくらいなのかな?(ネット上の情報では)

今回の撒き餌は「教科書通り」の内容にしました。

底に溜めて”チヌ広場”を作る”ポイント釣法”をチョイス

なので

■ムギコーン × 1

■激荒 活さなぎミンチ 1/2

■水 3L

でまずMIXして少し放置

放置の間ビールを飲みます。(ノ∀`)

■日本海 × 1

■チヌパワー 1/2

で、まぜまぜ・・・・

混ざったら表面に

■MP 1/2

(MPってこんなパッケージだっけ???まぁいいや)

MPの上に残りの

■活さなぎ 1/2

■オキアミ 1.5kg

さなぎと、オキアミをMPで馴染ませてから下の撒き餌と手で混ぜて空気を抜いて出来上がり。

フカセで初めての沖堤

ここ霞一文字は「落とし込み」では何度か来ていますが「フカセ」では初めてです。

今回は僕が所属する釣りクラブ「銀我」メンバー6人です。

並んで出来るかなと思っていましたが、さすが土曜日、人気エリアはあっと言う間に場所がなくなったので僕だけ少し先(東)離れて釣り場を決定しました。

さぁ釣るぞ

希望に胸をふくらませ撒き餌を投げます。

足元から15mくらいは敷石があるのか??その先で普通に投げて届くエリアに的を絞り場を作りました。

仕掛け

これも教科書通りの仕掛けにしました。

2号ラインにヨーズリーのウキ止め×2

遠矢ウキ4B

潮受けゴム

ガン玉 4B

サルカン

ハリス:グランドマックスFX1.5号

ハリスの中間に7G

投げます

これまた教科書通りにw

(と、いうのもフカセの経験があまりないのでマネするしかないのです)

潮の流れを確認

今は左に流れているようです。

撒き餌の場の右に投げてハリスが馴染む頃に撒き餌の場に到達するイメージを繰り返します。

すると、開始30分で

「逆ひょっこりはん」

のようにスッとウキが海面から消えました。

周りはサバが釣れていたのでサバだと思いつつアワセを入れると

グングングングン

下に潜るチヌの引き?!

竿を立てて竿を反動で浮かせます。

ドラグがチリチリ鳴っています(そもそもドラグ調整していなかったw)

竿が1号なので綺麗に曲がって楽しい( ^∀^)

魚体を確認するとチヌです。

いつもは36cmのタモ枠ですが、足場が高いので45cmのタモ枠にしてきたのですんなりキャッチ

(´∀`*)

喜びの舞を踊り(うそ)

再び、撒き餌をします。

サバが僕も釣れだしました。

まぁまぁのサイズなのでお持ち帰りしようかとも思ったのですが、処理が面倒なのでヤメました。

両サイドはカサゴもちょいちょい釣れています。

アタリは頻繁にあるので(サバですが)あきる事なく1時間経過。

2枚目か?!

少しキャストをミスりポイントより少し手前になってしまいましたが、そこも撒き餌がきいているであろうとそのまま流しました。

まだ左への流れです。

丁度、僕の正面(餌場)になった時、シュポッ!

ウキが消し込みます。

はいはいサバね!

一応アワセ

グングングングングングン

( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

チヌです!

さっきよりすごい引きです!

竿は真ん中から曲がっています!!(写真撮る余裕なし)

ドラグも鳴り響き右へ左へと泳ぎます。

ドラグが止まったら巻きを繰り返しやっと足元まで寄せれました。

タモ入れも無事終了。

サイズは48.5cm

( ´Д`)=3 フゥ

疲れた

まだ時間は8時30分

3枚目を狙って継続します。

しかし、釣れるのは

サバばかり。。。

サバをかわしてウキが駆け上がりまで来ると

強い引きでイッキに走りました。

ん?

重いけどチヌとは違う引き・・・なんだ?

ぷちっ!

あっ

フグね。

相変わらず両サイドはカサゴが釣れています。

僕はまだカサゴは釣れていません。

投点を見ると、左右の人達は竿下~竿1本先

僕は20m以上先

やはり10数m以上は捨石があってそこのエリアだとカサゴが釣れるのか??

そんな事を考えつつさらに1時間経過

するとまた同じようにウキが消し込みます。

グンっ!!

しっかり乗りました!!

チヌの重い引きです。

( ̄д ̄)エー

三枚目来ちゃった?

グングングン

2枚目より劣りますが強い引きです。

ドラグも鳴り隣の人が見守る中

ブチっ

ラインブレイク

サルカンの結び目から切れました。

思い当たるフシがあります。

スプールのライン止めに通していた箇所をそのままサルカンに通して結んでいたのです。

釣る前からよれていて気になっていたのですが、朝マズメを逃すまいとそのまま継続していたのです。

明らかにその箇所から切れていました。

(  ;∀;)

その後、潮の流れが変わり右に流れるようになりました。

さらに手前にウキが寄ってきます。

それと同時にアタリも遠のきました。

こりゃ釣れん時間だな

他のメンバーの様子を見に行きます。

まだ、釣れていないようでした。

普段会えないのでお話タイム。

その後、釣り場に戻りますがサバが釣れるのみ。

今回は12時の便で上がりなのであっという間でした。

入魂

しかしず~~~~~と部屋のオブジェとなっていた銀狼タックルの入魂が出来て良かったです。

まとめ

初めて霞でフカセをしましたが、今回2枚釣れました(*´∀`*)

今回気をつけたのは、比重のある撒き餌と、撒き餌の投点です。

少し遠目に場を作りました。(正解かどうかは知らんけど)

U●OK●DOさんが言っていた

「フカセ釣りはチェスの思考と似ている。先々を考えて釣り場、撒き餌、ポイントを絞って釣る。チェスやった事ないけどなw」

が参考になりました(*__)ノシバンバン

 

で、遠目に撒き餌を投げるのにこの柄杓、気に入っております。

釣研のマックフロート

超ノーコンの僕でも飛距離も出て狙った場所に飛ばしやすいです。

【関連記事】

【フカセ釣り攻略】四日市 霞一文字 
毎年、10月~12月はフカセ釣りで賑わう四日市 霞一文字シーズンでは一人10枚も夢ではないらしいです。しかし、今年はなかなか渋いようです。11月17日に初めて霞でフカセをして3掛け2枚GETというのはかなり上出来だったようです。...
■【霞一文字】フカセ釣りでの渡り方 | 知多半島を中心に釣りをする美容師のブログ

 

誰もが検索して知っている沈め釣りのレジェンド「つぐむぐ」さんの

未公開の「チヌが食べずにはいられない刺し餌の加工方法」

が公開されました。

早速、コレを参考に他に差をつけたいですねw

周りと差がつく!チヌが食べずにはいられない餌の作り方

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

コメント

  1. お疲れ様でした!

    2枚もおめでとうごさいます。

    今は東側の方が釣れるようですね、
    それに重めの贅沢な配合のコマセが当たったようですね!

    やっぱり釣れてる人はコマセに3000円以上は使ってるみたいです。

    わたしのように100円コマせでは難しいですね。
    大会の時は気張ります笑

  2. チヌ2枚おめでとうございます!
    それにしても贅沢配合コマセでプア〜なボクには真似できません(´;Д;`)
    砂とヌカで勝負します(`・ω・´)

  3. コメントありがとうございます^^
    100円コマセなのですね。
    でも重くすれば大丈夫じゃないですか??
    場所は、東にいきましたが、あっと言う間に場所がなくなったので空いていたところに入りました。
    大会頑張って下さい!

  4. コメントありがとうございます。
    フカセってお金、かかりますね。。。
    落とし込み系は基本、現地調達なので餌代は¥0なのでギャップがすごいです。
    まぁ僕はこの時期だけなのと、初めての霞でのフカセだったので奮発しちゃいました。

タイトルとURLをコピーしました